ホーム > 歯周病治療
歯周病治療 10代から徐々に進行する歯周病。「早すぎる予防」はありません。

歯周病とは、歯間や歯周ポケット内で繁殖した細菌によって、歯周組織がじわじわと破壊される病気です。
統計によると、35歳で8割以上の人が歯周病にかかっているといわれています。
歯周病は30代、40代からという印象があるかもしれませんが、実は10代の頃から少しずつ進行しているものなのです。
それを出血などの症状によって自覚する、または指摘されるのが30代、40代であるに過ぎません。

歯周病の恐ろしさ

歯周病の進行段階は、おおまかに下記の4段階に分類されます。

歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎

多くの方は、「出血」や「痛み」など明らかな症状が現れて初めて来院されますが、「はっきりした自覚症状」が現れていれば歯周病はかなり進行していると考えていいでしょう。
歯周病の恐ろしい点は、ほとんど痛みがないということです。気づいたときには抜歯以外の手段がない…ということもある恐ろしい病気なのです。
歯周病予防に「早すぎる」はありません。まずは来院していただき、現在の状況を把握するところから始めましょう。

歯周病治療

初期歯周病の場合
  • ブラッシング指導、食事指導
  • 歯周病の原因である歯垢、歯石を定期的に、徹底的に除去
    これだけでも、初期の歯周病であれば十分な効果があり、治すことができます。
進行した歯周病の場合
  • 患者さまのご希望があれば、外科的歯周病手術を行います。
    歯周病は特に治療後のメンテナンスがその後の歯周病の進行具合を大きく左右します。
    通院を含めた長期的なメンテナンスが大切です。
  • 歯周組織再生医療
    従来の再生医療は、動物の骨を元にして組織の回復を促すものでした。
    当院では、患者さまご自身の歯を使用して骨を作ります。安全に、短期間で骨の再生が期待できます。
アクセス


大きな地図で見る

住所
〒665-0877
兵庫県宝塚市中山桜台2-2-1
中山台ファミリーセンター2F

最寄駅
阪急中山駅

詳しくはこちら